LOG IN

健康経営銘柄って知ってます?

by Machowill

健康経営銘柄

「健康経営銘柄」というのをご存知でしょうか?

平成26年度から経済産業省と東京証券取引所が共同で上場企業から、企業による健康経営の取り組みを魅力ある企業価値として紹介するものです。
そして企業側の健康経営の取り組みを促進するというものです。
ちなみに今のところ1業種で1社のみの選定です。


健康といえば運動や食事。そこから生まれるコミュニケーションやエネルギーが従業員の活力向上、生産性向上、組織の活性化、業績や企業価値の向上に繋がることを投資家からの理解と評価に繋がることを期待しているようです。

企業側は生産性向上、疾患による離職や休職者が増えないようにする人材確保、医療費削減、社員の健康に配慮しているという好感での株価上昇、低利融資を受けられるなどの効果があるようだ。

健康経営内容についてご紹介。

ローソン

身体づくりをしている人なら足を運ぶことも多いだろう。ローソンの低糖質パンシリーズのブランは低糖質で価格も無駄に高過ぎず人気だ。
このようなローソンでの健康関連商品は食品全体の売り上げの約2割を占めている。
他にも流行にマッチしたグリーンスムージーは3ヶ月で350万本売れた大ヒット商品に。コンビニ業界も管理栄養士やスポーツ選手を中心とし健康関連商品の拡充を進めていくそうだ。ローソンでの健康関連商品の売り上げは26年度で約1,180億円。27年度は2,000億円を見込み、28年度では3,000億円の目標だという。減塩、低糖質、栄養バランスを考慮した商品を中心に販売し既存店の売上高が23ヶ月連続で前年を上回っている。健康経営銘柄では2年連続の選定だ。


大和証券グループ

社員に腹八分目プログラムというものを実施しています。


1.規則正しく食べる
2.よく噛んで食べる
3.野菜・食物繊維をよき摂る
4.ビタミンB類をこまめに摂る
5.お腹が空いたら水(炭酸水も可)を飲む
6.目につくところに食べ物を置かない
7.こまめに体重測定
8.食べすぎたら3日以内に帳尻合わせ
9.諦めずにコツコツと
10.会話を楽しみながら食事

そして30日分の食事記録を提出するそうだ。これにより半数以上は体重1kgの減量に成功している。

また運動や禁煙をポイント化し、ポイントが貯まると55歳以上の従業員は給与が10~30%アップ。これは老後の健康やQOL向上の為に本人としても嬉しいだろう。健康イベントへの参加も本人の評価の対象となっているそうだ。

バンクオブイノベーション

不摂生なイメージがあるエンジニアやクリエーターの生活改善のために1kg減量に成功すると5000円の商品券を授与される。
なかには13kg減量した社員もいたそうだ。

これはモチベーションにはなる!!しかし減量後の維持や増量時はなにか特典や罰則はあるのだろうか。
このほかにも鍼灸師や整体師が常駐していたり、リラクゼーションサービス、リンパセラピーなどを提供している企業もあるようだ。



このほかにも鍼灸師や整体師が常駐していたり、リラクゼーションサービス、リンパセラピーなどを提供している企業もあるようだ。
今後、就職活動のときに福利厚生の点で人気が出そうですね。

健康づくりで心も身体も豊かに

これからの高齢社会の日本のQOL向上のためにも、医療費削減のためにも長寿大国日本の健康づくりの仕組みが必要になるでしょう。


またその企画力、運営力は未来の運動による地域サポーター育成に繋がるかもしれない。そして各企業の健康イベントや福利厚生の場で私たち健康産業の活躍できる場が増えるに違いない。

その為にも私たち指導者は正しい知識や心理的サポートができるようにしておかなければならないだろう。

―補足―

厚生労働省の発表では平成25年度の国民医療費は40兆610億円であった。ちなみに20年度では34兆8084億円だった。健康ブームの追い風があるにもかかわらずこの数字には驚きました。人口一人当たりの国民医療費は31万4700円…悲しいですね。



Machowill
OTHER SNAPS