LOG IN

トレーニングは娯楽か

by Machowill

先日の研修シリーズの第2弾(笑)
詳しくは   をご覧ください。

フィットネスは娯楽か?

上記リンクの話の中でもう1つ話題が出ました。(というか私が言った)
フィットネスクラブに行くことやトレーニングすることが娯楽という認識をされているのではないか。
だから地位が向上していかないのではないか。

スタジオプログラムに参加してる人達って楽しそうなんだけど、何しに来てんのか見失ってないのかなーと思います。レッスンを楽しみに来ているのだからいいのだけれど!笑
別に身体を鍛えにきている人ばかりではないですよ。
ストレス発散、生活習慣病予防改善、関節痛予防改善、コミュニケーションづくり、強くなりたい、何かに憧れているから、今後の自分の為、ただなんとなく来ている。様々です。

私は「運動する」ことをもっと価値あるものにしていきたい。
私はトレーニングをし身体を変えることで心も変わり、人生が変わりました。
きっとそういった人たちが沢山います(挫折してる人のほうが割合は多いが)
これって凄く価値があることですよね?それを娯楽として見られることが嫌なんです。

こんな意見もあった

同じトレーナーの意見として。
「サッカーや野球をするようにスポーツを楽しむようにトレーニングを楽しんでほしい」というものがありました。
「あー、なるほどな!そんな意見もあるんだ!」とくりびつてんぎょーでした。
確かにその方が間口が広く誰にでもトレーニングを受け入れてくれそうですよね!
自分がハードワークをしているだけにそのことを忘れていました。

確かに↑は楽しそうじゃない!運動のイメージそのもの「キツイ」だな!

トレーナーとしてトレーニングによる達成感、高揚感、身体の変化、楽しさ、効果などを伝えられるようにならねばですね。
トレーナーがクライアントに対してなにか効果を出すのは1つではないし、1つであってはならない。
それが顧客満足に繋がるはず。精進せねば。
色んな人に会ってみるもんですねー。感謝!


Machowill
OTHER SNAPS