LOG IN

いよいよベストボディ福島大会 ~調整~

by Machowill

いよいよ22日はベストボディ福島大会があります。
私は去年コンテスト初挑戦で初戦がBBJさいたま大会でした。
初めてのカーボディプリート、カーボローディング、水抜きなどを行いました。
今回も実践したのでその内容を少しご紹介。


カーボディプリート

カーボディプリートとは簡単にいえば体内の糖分を使い切ることです。
一般的なディプリート方法はまず3日間程糖質をほぼ摂取せずトレーニングを回数重視に変更します。
「ほぼ摂取せず」というのは食品中には微量でも糖質は入っているので「ほぼ」という表現です。
しかし極力摂取せず渇水状態にします。これがあとで活きてきます。
トレーニングは糖質を使い切る為に20repsで5セット以上行うことが最低でしょう。
スーパーセット法がオススメです。
しかし今回1日はいつものように重量重視で行う日(大筋群のみ)を作りました。
理由は高重量トレの方がその後の糖質の吸収が良いということにつきます。
特に大胸筋、広背筋にとってはよかったと思っています。

食事は鶏胸肉、卵、ブロッコリー、たまにパプリカ、カニかまのみ。
今回で5回目のディプリートですが今までで一番楽なディプリートになってしまったのはなぜだろう…。
身体は今までのような萎みは無かったので無理な減量、調整ではなかったのかなと思います。

私のトレーニング例)

チェストプレス×ラットプルダウン スーパーセット20reps×10set 普段重量の半分を目安に
ダンベルフライ(プレス)×ベントオーバーロゥ スーパーセット20reps×10set 〃
ダンベルカール×スカルクラッシャー スーパーセット20reps×10set 〃
エアロバイク 20~30分 回転数80~100


カーボローディング

大会3日前の夜からローディングし始めました。
今まで渇水状態にしたので糖質を入れて筋肉に吸収させてしっかりと膨らませるイメージです。

しかし、いつものような萎みがなかったので心配で2日前の朝からにしようと思いましたが食欲に負けて開始(笑)
ローディング中はトレーニングをして糖質を使わないようにするので、この状態でのローディングは脂肪の蓄積が心配です。
今回は時間や仕事に合わせて高GIと低GIを組み合わせて摂取しました。
朝~昼にかけてはこれから活動し代謝も上がるので高GI。1食に餡子餅2~3個。
昼~夜にかけては活動量も減るので低GIの芋や玄米。
もちろん仕事中も食べる事を考えると手軽な干し芋やバナナは必須だと思います。
前回からハマっているのはコーンフレーク。ポップコーンでもいいかも。
ディプリート終了後、初回のローディングでは糖質をしっかり吸収する為、高GIを摂取しました。

私の食事例)

朝:玄米200g、餡子餅3つ
間食:干し芋半パック(90g)
間食:干し芋半パック(90g)
昼:餡子餅3つ
間食:玄米250g
間食:玄米250g
間食:餡子餅2つ
夜:玄米、蒸しサツマイモ
間食:蒸しサツマイモ
※画像はイメージです(笑)

自分に合うものを見つける為には

これは間違いなく何度も経験することです。
私自身これでバッチリだったということはありません。みなさんも向上心ゆえにそうだと思います。
他人とは筋肉量、脂肪量、体格、体重、身長、さらにはライフスタイルまでが違うのです。
体質も問題もおおいにあるでしょう。
なので私自身はっきりとして答えは出ていません。
それよりも調整段階の前にしっかりと体脂肪を落とし、しっかりとした筋肉量を維持できたかが勝負です。
減量ではおのずとカタボリック状態になります。そうであっても筋肉が残るのはそれまでにしっかりと筋肉量を増やせていた証拠にもなると思います。

コンテストまでの結果が出るのは間違いありません。

コンテスト1週間前にもこういった調整方法があり、試してみるのも経験です。

しかし、コンテスト当日にはもっと重要なあるコトを忘れてはいけません。
それはまた次回に。



Machowill
OTHER SNAPS